植松グループトップ
工場・倉庫をお持ちのオーナー様へ
HOME 見積依頼 リフォーム 会社案内 環境商品 お問い合わせ
  
 
植松グループのリフォーム
マイベストプロ
展示場ご来場予約
植松グループの強み
アパートマンションをお持ちのオーナー様へ
工場・倉庫をお持ちの企業様へ
税制優遇・固定価格買取制度について
FAQ
施工事例
屋根貸し太陽光発電事業 裾野西小 太陽光発電所
屋根に穴をあけない工法 UMスマートホールド工法
太陽光発電システム メンテナンス
金属屋根 太陽光発電のご提案
エコ部ブログ
メディア情報
プレスリリース
植松グループ 沼津発電所
発電量計測ツール
太陽光発電見える化サービス エコめがね
社員紹介
採用情報
facebook
アスルクラロ沼津
お問い合わせ
植松建興(株) 環境事業部

〒410-0007
静岡県沼津市西沢田200-1

055-922-7811

 
 
下記7項目をクリックしてご覧ください。

■太陽光発電導入の5つのメリット
■太陽光発電による安定収入
■グリーン投資減税の活用

環境貢献・CSR
工場立地法改正による環境施設としての位置づけ
■太陽光パネルによる遮熱効果


太陽光発電導入の5つのメリット

@太陽光発電による安定収入
20年間固定全量買取制度(2012年7月〜)

A税金対策として活用
グリーン投資減税の活用により、費用を一括償却

B環境貢献・CSR

太陽光発電設置により、二酸化炭素削減に貢献

C工場立地法改正による環境施設としての位置づけ
太陽光発電システムが環境施設として認められることで、今まで噴水や運動場だった場所の活用が可能となる

D太陽光パネルによる遮熱効果
屋根に太陽光パネルをのせることで直射日光を避け、屋根温度を下げる効果あり

このページのトップへ戻る
太陽光発電による安定収入

今まで10KW以上の太陽光発電システムに関しては、余剰電力の買取のみだったが、平成24年7月より全量買取制度がスタート。
今年であれば、31.32円(税込)/KWh20年の固定買取


このページのトップへ戻る
税金対策として活用

グリーン投資減税の活用 (平成28年3月31日までが適用期間)
【新しいグリーン投資減税の対象設備と税制優遇の内容】

(1)中小企業者に限り、設備取得価額の7%相当額の税額控除
(2)青色申告をしている法人又は個人を対象に、普通償却に加えて取得額の30%相当額を限度として償却できる特別償却


▼ グリーン投資減税はこちら
グリーン投資減税
このページのトップへ戻る
環境貢献・CSR

CSR(企業の社会的責任)活動は、企業価値を評価する重要なポイントとなっています。
環境への取り組みアピールだけでなく、CO2削減による経済効果も期待できます。


このページのトップへ戻る
工場立地法改正による環境施設としての位置づけ

今まで環境施設としては、認められていなかった太陽光発電施設が環境施設として認められることで、工場等の敷地が広く使用できるようになりました。

     

<主な効果>

○工場敷地の有効利用

屋上へ設置した太陽光発電施設の設置面積相当分が、環境施設面積に算入できることにより、工場の新設・増設時に敷地の有効活用が可能となる。

○太陽光発電施設の導入促進効果

太陽光発電施設が環境に資するものとして法的に位置付けられることで、当該施設の導入促進の後押しとなる。

このページのトップへ戻る
太陽光パネルによる遮熱効果

屋根上に太陽光発電を設置することにより、太陽光パネルが、屋根の表面から直射日光を遮断し、これにより室内温度を下の表のように緩和することができます。
また、太陽光パネルと折板屋根との間に間隔をあけることで空気層ができ折板屋根の温度上昇を防ぎます。屋根環境で異なりますが、一般に10℃〜30℃下がります。

<折板屋根の場合>

このページのトップへ戻る
 

■太陽光発電導入の5つのメリット
■太陽光発電による安定収入
■グリーン投資減税の活用
■グリーン投資減税利用例

環境貢献・CSR
工場立地法改正による環境施設として位置づけ
■太陽光パネルによる遮熱効果